PC新型情報パソコーン

パソコンの新型情報を毎日更新中

2011年11月時点モデルPrime Galleria XTM Office2010スペック

Prime Galleria XTM Office2010


最強のゲームプレイへ新型インテル® Core シリーズ搭載ガレリア
デスクトップ ゲームパソコン 現在のシリーズラインナップ


第2世代インテルCore i7搭載モデル
高性能ゲームパソコン ガレリア

Microsoft(R) Office Personal 2010
CPU 第2世代インテル Core i7-2700Kプロセッサー搭載
4コア + ハイパースレッディング・テクノロジーで論理 8 スレッドの処理が可能
超高クロック動作を実現するインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0
高速DDR3 メモリー(PC3-10600) を搭載
超高性能グラフィックスプロセッサ「NVIDIA® GeForce® GTX560 Ti 」を搭載
リアルタイム物理演算エンジンNVIDIA® PhysX に対応
NVIDIA® 3D Vision™ 対応
高速 SATA 6Gb/s(SATA3.0)搭載
インテル Z68 Express チップセット ATXマザーボード採用
12in1カードリーダー 搭載
USB3.0ポート搭載
ガレリア専用「CB-350ケース」採用
23型ワイド液晶モニター付き



■インテル Core i7-2700K プロセッサー
(クアッドコア/定格3.50GHz/TB時最大3.90GHz/L3キャッシュ8MB/HT対応)
■NVIDIA® GeForce® GTX560 Ti 1GB (PCI-Express 2.0)
■8GB DDR3 SDRAM(PC3-10600/4GBx2/デュアルチャネル)
■1TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA III)
■DVD スーパーマルチドライブ 
■インテル Z68 Express チップセット ATXマザーボード
■550 W 静音電源 (DELTA ELECTRONICS 製)
■Windows® 7 Home Premium with SP1 64bit インストール済み(ディスク付属)
■プリインストール版 Microsoft(R) Office Personal 2010(Word/Excel/Outlook)
■キーボード 日本語キーボード
■マウス Galleria専用 レーザーマウス ブラック (レーザー式5ボタン)
■持込修理保証 保証期間1年
※スピーカーは別売りです。

Prime Galleria XTM Office2010 現在スペック&価格


第2世代インテルCore i7搭載モデル
高性能ゲームパソコン ガレリア
DirectX11対応高性能グラフィック
NVIDIA GeForce GTX560 Ti 搭載
ミドルタワーケースを採用
SSD搭載可能(オプション)
Blu-ray搭載可能(オプション)



ガレリア専用「CB-350ケース」詳細
■外形寸法 213(幅)×542(奥行き)×450(高さ)mm
■ベイ 5インチベイ×3 3.5インチベイ×2 3.5シャドウベイ×4
■吸気⁄排気 前面:120mm背面:120mm上面:120mm×2サイド:120mm×2
■前面端子 USB2.0 x2 、マイク入力、ヘッドフォン出力

最強のゲームプレイへ!インテル® Core™ i7 プロセッサー搭載Galleria

第2世代「インテル® Core i7 プロセッサー」を搭載。

クアッドコア + 「インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー」による
8 つのプロセッシング・スレッド(※)、8MBの共有L3キャッシュなど

これまでの「Core i7」シリーズ共通の特徴に加え、
TDPを超えた高クロック動作を実現する「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」、

最新ストレージインターフェース SATA 6Gb/s(SATA3.0)、
CPUに直結したグラフィックス・インターフェースなど、

最強のゲームプレイを実現する最新の「ガレリア」です。
※ ハイパースレッディング・テクノロジーは Core i7 のみの搭載です。Core i5 には搭載されません。




ドスパラさんの第2世代インテルCore iシリーズを

積んだ「ネットゲームを快適に」を目的に組まれた

ハイエンドゲームパソコン

Prime Galleria XTM Office2010インストールモデルさんです。

新型インテル® Z68 Express チップセットと新型CPUを

採用した新モデルのパソコンさんです(@0@)

インテルの最新CPUCore™ i7-2700Kプロセッサーを搭載

インストールOSが64bit版windows7なので

搭載されているメモリ8GBもフルに活用できます。

NVIDIA®最新の超高性能グラフィックボード

NVIDIA® GeForce® GTX560 Tiを搭載しています。
(グラフィックボード性能表)

インストールOSが64bit版windows7なので

搭載されている8GBのメモリもフルに活用できます。

1.0TBのハードディスクも従来よりも高速な

SATA3.0で搭載されていたり

従来のUSB2.0よりも高速な転送速度を誇る新規格

USB3.0ポートを搭載していて

12in1カードリーダー まで装備してたり

ネットゲームに最適化されたマウスがついてきたりと

価格以上のパソコンスペックに仕上がってますね。

新型チップセットZ68 Expressチップセット搭載は

もう普通にロマン点だだ上がりですが

さらに新CPUのインテル Core i7-2700Kプロセッサーを

採用とナイスロマン点追加しまくりです( ;∀;)

インテルCore™ iシリーズ第2世代CPUは

従来のインテル Core iシリーズに比べて

進化したターボブーストテクノロジーや

強化された動画編集能力にCPUさん単体での3D標準対応と

パゥワーアップマンのおかげで今まで以上に

インターネットもすいすいの作業に使っても

相当快適な環境です。

複数コアなので同時作業にも相当強いですしね

新型インテル Core i7-2700Kプロセッサーともなると

もはや普段使っていてその性能をフルに発揮できる機会が

あまりないほどのオーバースペックマンさんなので

そのぶん、長く使っていけるナイスCPUですね( ;∀;)

お仕事にも使おうと思ったらMicrosoft(R) Officeが

あった方が何かと役立つので

初めからMicrosoft(R) Officeが入っていて

さらに作業に向いてますね( ;∀;)嫌ですが超嫌ですが

PowerPointも必要な方はMicrosoft(R) Office Personalには

入っていないのでカスタマイズで

Microsoft(R) Office Home and Business か

Microsoft(R) Office Professionalに

バージョンを換えるのを忘れないようにしましょう。

さらに新型Z68 Expressチップセットに対して

Core(TM) i7-2700K プロセッサーを搭載しているので

オーバークロック機能の設定までいけるし

SSDをカスタマイズで追加すれば

速さに弱点のハードディスクと容量に弱点のSSDを

組み合わせ運用する事で速くて容量が多い

ナイス環境なインテルスマートレスポンステクノロジー
icon

発動のおかげでさらにパフォーマンスアップの

ロマン点だだ上り状態になります( ;∀;)

NVIDIA®最新の高性能グラフィックボード

NVIDIA® GeForce® GTX560 Ti を搭載しているので

大抵のネットゲームタイトルの推奨動作環境を

余裕でクリアできるので快適に遊ぶ事が出来ちゃいます。

さすが新型GeForce® 恐るべし力ですな(@0@)

ミドルながら侮りがたし性能で快適ネットゲーム生活やね

付属の液晶も単品で購入するよりも

パソコンとセットのモデルで付属させて購入した方が

お得になってますね(@0@)

付属の液晶モニター変更も出来たりするのもナイスです。

予算に合わせたモニターを選んだり出来ますしね(@0@)

それにしても新型Z68 Express チップセット&GeForce® GTX560 Ti

さらに新型インテル Core i7-2700Kプロセッサー

搭載パソコンさんがこの価格水準に収まってしまうんですね。

恐るべしPrime Galleria XTMさん。

ネットゲームを第一目的でパソコンを探している方でも

新型チップセット搭載パソコン探している方でも

新型高性能CPU搭載パソコンさんを探している方でも

満足いくパソコンスペックになってやがりますね( ;∀;)

あれですねコストパフォーマンスが

どんどん進化していてどんどんオーバースペックマンになって

どんどん快適なパソコン生活になっていきますね(@0@)

さらにカスタマイズでSSDを追加すれば

インテル Z68 Express チップセットの恩恵MAXの

パフォーマンスだだ上がりロマンなのでおすすめです( ;∀;)

新型インテル Core i7-2700Kプロセッサーさん
興味ありありですね( ;∀;)
と思った方は
↓↓ぽちっと応援宜しくです↓↓。\(@0@)
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  


コントラスト比が大幅アップなLEDバックライト液晶とは?


関連記事 CPUの性能比較が一目瞭然な便利サイトとは?
関連記事 32bitOSと64bitOSの違いとは?
関連記事 Windows7が格安で手に入るDSP版Windows7とは?
関連記事 BTOパソコンがおすすめな訳とは?



関連記事
ブログ内検索フォーム
過去ログ + 全記事

2020年 03月 【95件】
2020年 02月 【144件】
2020年 01月 【60件】
2019年 12月 【6件】
2019年 11月 【7件】
2019年 10月 【237件】
2019年 09月 【97件】
2019年 08月 【113件】
2019年 07月 【182件】
2019年 06月 【55件】
2019年 05月 【170件】
2019年 04月 【53件】
2019年 03月 【21件】
2019年 02月 【136件】
2019年 01月 【171件】
2018年 11月 【241件】
2018年 10月 【75件】
2018年 09月 【79件】
2018年 08月 【357件】
2018年 07月 【82件】
2018年 06月 【135件】
2018年 05月 【61件】
2018年 04月 【95件】
2018年 03月 【116件】
2018年 02月 【196件】
2018年 01月 【7件】
2017年 12月 【131件】
2017年 11月 【134件】
2017年 10月 【160件】
2017年 09月 【27件】
2017年 08月 【105件】
2017年 07月 【3件】
2017年 06月 【16件】
2017年 05月 【158件】
2017年 04月 【9件】
2015年 09月 【14件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【13件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【359件】
2015年 03月 【531件】
2015年 02月 【202件】
2015年 01月 【487件】
2014年 12月 【684件】
2014年 11月 【747件】
2014年 10月 【752件】
2014年 09月 【752件】
2014年 08月 【759件】
2014年 07月 【815件】
2014年 06月 【829件】
2014年 05月 【872件】
2014年 04月 【826件】
2014年 03月 【892件】
2014年 02月 【766件】
2014年 01月 【860件】
2013年 12月 【840件】
2013年 11月 【818件】
2013年 10月 【815件】
2013年 09月 【796件】
2013年 08月 【791件】
2013年 07月 【765件】
2013年 06月 【730件】
2013年 05月 【704件】
2013年 04月 【658件】
2013年 03月 【669件】
2013年 02月 【573件】
2013年 01月 【622件】
2012年 12月 【579件】
2012年 11月 【590件】
2012年 10月 【613件】
2012年 09月 【602件】
2012年 08月 【616件】
2012年 07月 【632件】
2012年 06月 【643件】
2012年 05月 【724件】
2012年 04月 【624件】
2012年 03月 【624件】
2012年 02月 【612件】
2012年 01月 【610件】
2011年 12月 【592件】
2011年 11月 【432件】
2011年 10月 【424件】
2011年 09月 【429件】
2011年 08月 【412件】
2011年 07月 【379件】
2011年 06月 【293件】
2011年 05月 【219件】
2011年 04月 【171件】
2011年 03月 【129件】
2011年 02月 【167件】
2011年 01月 【138件】
2010年 12月 【102件】
2010年 11月 【81件】
2010年 10月 【67件】
2010年 09月 【53件】
2010年 08月 【48件】
2010年 07月 【41件】
2010年 06月 【33件】
2010年 05月 【36件】
2010年 04月 【33件】
2010年 03月 【35件】
2010年 02月 【37件】
2010年 01月 【22件】
2009年 12月 【14件】
2009年 11月 【24件】
2009年 10月 【23件】
2009年 09月 【22件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【14件】
2009年 06月 【21件】
2009年 05月 【4件】

コンテンツ
スポンサード リンク
全記事表示リンク